記事一覧

最近の飼い主

こんばんわ
最近の飼い主です。
肋骨の方は、日に日に痛くなり、
家事も殆ど出来ない状態で、それでも一週間ぐらいは
我慢していたのですが、昨日はあまりにも痛むので、
旦那様が医師の神戸マダムに相談、
マダムも心配してくれて、以前行っていた市立病院に
TELしてくれました。
病院の方からTELがあり、事情を話すと、
通院していたのは、随分前のことだし、
病状が詳しくわからないのに、麻薬系の薬は、出せないということで、
鹿児島の方で相談して下さいということになり、オンコロへTEL
オンコロにTELしても、先生は鹿児島にいないということで、
看護師さんとお話 とにかく痛むので麻薬系の痛み止めを出してほしいと
訴えたのですが、出したとしても、紹介状を送って、診察に行くので
時間がかかりますということで、待ってられないので断念
整形の方で相談したらということで、家の近くの整形へTEL
歩くのも大変なので、薬を出してもらえたら、息子がもらいに行きますと
いったのですが、痛み止めは出したことないので、
来て下さいということで、歩いて10分もかからない距離を
タクシーを呼びました。
整形は座る椅子がないほど混んでいたのですが、
電話で痛みを訴えたので、先に診察してもらい、
ボルタレンの座薬をもらいました。
完全に痛みはとれないですが、半分以上痛みはとれて、
普通に過ごせるようになり、こんなことなら、
もっと早く貰えばよかったです。もうこのまま死ぬかと思った
とにかく、一人で起き上がれるようになり、一安心
今までは、家に誰かいるときは、狭い家だけど、携帯に
電話して、呼び出していました。
痛みがあって急を急ぐときは、主治医が、鹿児島では不便です。
何とか動けるようになったので、調子に乗って重いものを持ったりして
また骨折しないように、気をつけないとね
明日は息子のコンサートに行きます。
今度は何とか行けそうで良かったです。
スポンサーサイト

コメント

かかりつけ医

今回のことでも分かったように、受け入れてくれる癌の治療を含めた近所のかかりつけ医を持つということは、とても大切なことだと思います。

そうだね、良く考えてみるね
いつも有難う

コメントの投稿

非公開コメント